FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.26

第10回にじいろ教室

Category: 学内活動
2014年7月29日は土用の丑! うなぎ食べたいなあ♪
楓(ふぅ~)♪です。

先日行われた第10回にじいろ教室の報告をします!
感想では、「DSDについて知る機会ができて本当によかった」という参加者もいました♪
「知識」「理解」はどちらも大切ですよね!!



~第10回にじいろ教室~ 

日時: 7/14(月)17:00~18:00
場所: C5-101
参加人数:  4名
題名: 「性分化疾患を考える vol.1」

セクシュアリティーを理解するために「性の3要素」という考え方があります。

   ・体の性(生物学的性別)
   ・心の性(性自認)
   ・好きになる性(性的指向)


まずは、この「性の3要素」を用いて、LGBTとは何か簡単に復習をしました。

ところで、「体の性(生物学的性別)」とは何だろう? この疑問が、性分化疾患を知るためのスタートとなります。
体の性についてよく誤解されるのが、「性の3要素」の図を使って、以下のように表したとき、・・・。

   ・体の性   女 ←― ― ― ○ ― ― ― → 男

このような表現は誤解を招く表現であるということに注意したうえで、
「性分化疾患」を「知る」ためのツールとして「ヒトの10の性」があることを知りました。

   (1) 性染色体の構成
   (2) 性腺の構成(卵巣、精巣)
   (3) 内性器形態(子宮・膣、前立腺)
   (4) 外性器形態(陰唇・クリトリス、陰嚢・ペニス)
   (5) 誕生時に医者が決定する性
   (6) 出生届の性別
   (7) 二次性徴(月経、射精)
   (8) 性自認(自分が女or男であるか?)
   (9) 性的指向(恋愛対象)
   (10) 社会的な性別(生活上の性別)
    ※ 出典: 『男でも女でもない性・完全版』 橋本秀雄 2004/1/7 を一部改編

これの「ヒトの10の性」を用いながら、主な性分化疾患の中でも発症頻度が多い、
   ・ターナー症候群
   ・クラインフェルター症候群
について学びました。

ターナー症候群の場合、
   (1) 性染色体は45XO または45XOと46XXのモザイク(細胞により異なるということ)
   (2) 性腺(卵巣)が未発達の場合がある。
この2つがマジョリティー女性との違いとなりますが、(8)性自認、(10)社会的な性別 については、マジョリティー女性と同じで「女の子」なんだということなどを確認しました。※ごくまれですが、「男の子」という人もいる可能性はあります。

クラインフェルター症候群の場合、
   (1) 性染色体は47XXY、他にモザイクなど
であって、8) 性自認は「男の子」(最も多い)の人もいれば、「女の子」、「その他」 の人もいることを知りました。

性分化疾患を知る上では、病気のことを知ることも大切ですが、一人ひとりの事例を見ないとわからないこともあるのです。

次回は、それぞれの事例について考察することにしていきます♪
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
07.23

7月のにじいろ教室の予定

Category: 活動予告
近畿では、おととい(7/21)に梅雨が明けて、暑さがますます気になりますね・・・・!
Flowerの楓♪です。

もうすでに始まっていますが、7月のにじいろ教室の予定をお知らせします!

内容は性分化疾患です。今回の目標は2つあり、性分化疾患とは何かを「知ること」と性分化疾患の当事者やその家族の苦悩や思いを「理解しようとすること」です。

性分化疾患は「解剖学的に性の発達が先天的に非定型的である状態」を指す医学用語ですが、その種類は、およそ70種類もあります。よって、性分化疾患を理解するためには、一人ひとりのセクシュアリティーを見つめることが必要になります。今回は性分化疾患の中で代表的な2種類の疾患について学び、その他3人の事例を考えることを予定しています。

性分化疾患をもつ人は1000人に1人と言われていますが、キャリア(保因者)を含めると数十人~数百人に1人いると考えられています。教員志望の方にはおすすめの学習会です。



~7月のにじいろ教室の予定~

① 7/14(月)17:00~18:30 場所:C5-101
「性分化疾患を考える(前半)」

② 7/28(月)17:00~18:30 場所:C5-101
「性分化疾患を考える(後半)」

※参加希望の方は、
     daikyo.flower(あっと!)gmail.com
の(あっと!)を@に変えたアドレスにメールを送ってください。
(メールを送るのが面倒という方は、当日の飛び入り参加もOKですよ!)
※場所はC5-101で行う予定ですが、変更になる場合がありますので、念のためTwitterで確認してください。



~参考文献など~

↓性分化疾患についてもっと知りたい方はこちら↓

(1) 『境界を生きる ~性と生のはざまで~』 毎日新聞 2013/2/25
(2) 『男でも女でもない性・完全版』 橋本秀雄 2004/1/7
(3) 『セクシュアルマイノリティ 第3版』 セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク 2012/9/30
(4) http://www.nexdsd.com/(ネクスDSDジャパン2014)
  ※ 書籍は大阪教育大学図書館(本館)に蔵書あります。
Comment:0  Trackback:0
2014
07.14

6月の虹色教室の報告

Category: 学内活動
どうも、ブログの更新がなかなかできなくてすいません。

大教Flowerのかんちゃんです。

6月に行った虹色教室の活動報告をしておきます。

6月は、2回に渡ってセクシャルマイノリティを題材にした高校生向けDVD教材を使って、模擬授業を行いました。
このDVDには、レズビアンの高校生の女の子が主人公のショートムービーが入っています。
その子には、付き合っている恋人がいるのですが、友達との会話の中で自分の恋人のお話ができないのはなんでだろうと自問自答します。
あるとき、その子の家でふとしたきっかけで祖母にレズビアンであることが知られてしまい、ものすごい剣幕で責められます。

この物語の最後には、きちんと落ち着く場所に落ち着きます。

このショートムービーを見た後、ワークシートに従って、感想をまとめみんなで発表しあいます。

そんな流れで模擬授業を行いました。

7月は性分化疾患についてやっていく予定です。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。